行政書士の試験は、ただ難しいだけではない?

行政書士といえば、どんなイメージがあるでしょうか?
昔よりだいぶ変わっていますが、それでもまだ「何のイメージもない」という答えも多いでしょうし、 「よくわからない」「親しみを感じない」という答えも多いでしょうか。
そして「難しそう」というイメージも多そうです。

これは「仕事が難しい資格」というイメージもあるのでしょうが、 「行政書士の試験が難しい」というイメージもあるようです。

実際に、試験が難しいというイメージは事実で、行政書士試験の受験者は以前から どちらかというと横ばいになっています(ときどき増えたり減ったりを繰り返しているわけです)。
これも、特に気軽に受けられるような試験ではないという一面のあらわれだと解釈することができます。

それでも、行政書士の試験には独特の傾向があって、そこにウェイトを置いて調べていけば 受験者のレベルはかなりのスピードで上がっていくものです。

行政書士の試験は、「難解な法令が、ひたすらめいっぱい並んでいる」なんてイメージもあるでしょう。
それもまた事実であることは認めないといけません。
行政書士は、法律のスペシャリストを意味する一資格でもあって、しかも特定の領域の法律を持っていません。
本当に広い法令を相手にしないと試験に受からないのが行政書士の宿命なのです。

ただ以外と行政書士の試験には顕著な特性があります。
いくら範囲が広いからといって、毎年毎年ぜんぜん違う範囲から 問題がひっぱってこられているのではありません。
もともと、法令全部を勉強していたら何年勉強をしていても終わらないでしょう。
それは、弁護士の試験(司法試験)を受けるようなものです (といっても行政書士もじゅうぶんに試験の難易度は高いですが)。
とにかく、法律全部に面と向き合う必要はないし、そんなことをしても効率的ではありません。

何も手抜きをすることをすすめているのではありませんが、行政書士のような広範な法的知識を必要とする仕事でも、 「試験合格のために法律ひとつひとつとにらめっこしていく」ようなことはしないほうがいいということです。

行政書士の試験範囲の中でも、特に量の多い「法令科目」にターゲットを絞り込んで このサイトでは、(科目ごとに)どのへんにウェイトを置いていけばいいのかを 解き明かしていきましょう。