行政書士試験の、法令科目向けの最新の対策

行政書士の試験の出来具合は、法令科目の出来具合でそのまま決まってしまうようなところもあります (さすがにこれは言い過ぎかもしれませんが、とにかく行政書士の試験は、法令科目の対策が 大半を占めることは事実だと言い切ってよいでしょう)。

行政書士の法令科目を、本番の試験の日に理想のペースで解答をしていけるようにするには、どんな対策を 立てて、どんなことに気を配ったらいいでしょうか?

試験の仕組みに近い部分の対策について書きますと、行政書士の法令科目の試験は、 他の資格試験にたまにあるような「全問がマークシート方式」ということはありません (これだけですべての解答が終わる試験は多いのですが)。
問題の形式としては、正誤問題や組み合わせ問題ばかりで選択式・択一式の問題が中心になりますが、 記述式の解答形式、それも40文字くらいの記述を求める問題が入っていることは注意を要しますね。
用語を正確な漢字で書けるようにすることと、破綻のない文章を書けるようにすることは大事です (なんだかんだいって、マークシートが問題の大半にあたりますし、それだけで決まってしまうことも多いですが)。

それから、ここ数年の傾向からわかってくる対策はないでしょうか? 行政書士の試験も、 少しずつ仕組みが変わっていて、法令科目の内容が整備されたほか、 行政書士の主たる業務ともいえる、法的な文書を作成する能力、 そして行政関連の法令や手続きに関する理解度を問う傾向が強くなっているといえます
(現実の、そしてこれからの行政書士の職務に直結する能力が、試験に反映されていますから、対策を立てるときも そのことを意識しないといけないわけです)。

ただし、これまでと変わっている部分があるからといって大きくうろたえる必要はなく、 法令科目ごとに、条文と、それに関係のある判例や学説を中心にして 理解を深めていけば、大部分の対応はできるものです。
もっとも、資料は最新のものをそろえるようにしたほうがいいでしょう。
1年以内に出ているテキストや六法を使うこと(当然、来たる行政書士試験に出るような 最新の内容に対応している品を選ぶべきでしょう)と、 前回までのものを含めた数年分の過去問を使うことが、 差し迫った行政書士試験を突破するために必要な最優先の対策となります。