行政書士試験内容のひとつ「行政不服審査法」のややこしさ

行政書士の試験の法令科目の中には、他の科目と結びつけたような内容で 問題がつくられることがあります。その代表ともいえるのが、この「行政不服審査法」でしょう。
いちばん目立つのは行政手続法や行政事件訴訟法の内容理解が必要な形で問題が出されている例ですが、 他の内容が本番の行政書士の試験でこの科目の問題に利用されたこともありました (やはり、行政を規定する関連の法規が中心ですが)。

条文をただ暗記するだけではなく、何らかの手続きの流れについて問題に入ってくることもあります。
この科目も、総括的に内容理解を高めておくことが、行政書士試験突破のための前提条件だといえるでしょう。

とはいっても、この科目は、基本の骨組みから理解していないと先に進めない部分もあります。
条文は最初から読み飛ばさないようにしないといけないでしょう。しかしこれは、初めて勉強する人には たいへんです。他の行政関係の法令(「行政手続法」や「行政法の一般的な法理論」等)も参考にしながら 読むこともときに必要でしょう。

行政について不服を申し立てる手続き全般が、この法令の中枢となる部分ですが、 その仕組みから把握するべきですね。しかし、これが「いちおう理解したような気分」になっても、 問題をやってみると「ぜんぜん理解できていないことがわかって愕然とする」ことが多いようです。
不服申し立てには種類があること(審査請求・異議申し立て・再審査請求)や どんな条件を満たしていれば不服申し立てができるのか、 その逆に、どんな条件に該当すると不服申し立てが認められないのか、 そこを先に覚えないと、行き詰まってしまう恐れがあります。

そしてこの科目は、特に過去問の傾向を知ることが先決だとよくいわれています。
その理由は、過去に、それもそれほど昔でない年度に出された問題が また採用されているケースが特に目立つからです。
過去の行政書士試験の内容の研究も、この科目では特に必須というわけです。

総合すると、条文や判例までできるだけ、時間の許す限りあたれるところをあたって 問題を繰り返し解いて、この科目の特色に自分を適応させていくことが望ましいです。
行政書士の試験内容の中でも、比較的理解しづらい法令ですから、気を緩めずに勉強を続けていきましょう。