行政書士の試験科目として、「国家賠償法」は本当に対策しにくい?

行政書士の試験では、たくさんの法令が問題に採用されていますから、対策の種類も自然と多めになります。
受験者は、毎日膨大な法令の勉強を繰り返さないといけませんが 一般市民としてなじみのもてる法令とそうでもない法令があることに気がつくでしょう。
なじみのない法令については自然と抵抗感を持ってしまう人もいるので注意が必要ですが ここに紹介する科目「国家賠償法」は、ほとんどの行政書士試験の受験者にとってほとんど縁がなく、対策も 考えにくい法令のひとつに見えるかもしれません (しかし、実際には行政書士の試験科目の中では対策はシンプルなほうに入ります)。

国家賠償法は、国家か地方公共団体から、国民が不利益を受けたときにその賠償を請求できる権利を 規定しています(といっても、あくまでも不法行為があると認められたときだけの話になりますが)。
幸い、国家賠償法は条文が長くて多いというわけではないので、どの受験者もすべての条文に しっかりと目を通して勉強したほうがいいでしょう。
条文を読むのが楽しいという受験者はまずいないでしょうが、条文が多めでないときはやはり 最初から最後まで目を通しておくことが、行政書士試験の重要な対策のひとつになるからです。

当然、条文に書かれている内容についてはすきがないようにしておかないといけませんが それだけではなく、判例を重視した勉強もそれが終わってからやっていかないといけません。
この国家賠償法は、どちらかといえば歴史がある法令でもあるため、重要視されている判例も 昔から数えていくとたくさん出てきてしまいますが、過去問に載っている判例を読むことでじゅうぶんでしょう。

ただし、読んだ判例についてはすきをつくってはいけません。
それぞれの判例の趣旨を理解するべきなので、条文がどのように解釈されて 判決に至っているのかを研究するという対策をやったほうがいいでしょう(行政書士本試験では そのあたりの理解度が問われることになりますから)。
最初の時期の勉強がうまくいけば、国家賠償法はある程度勉強がしやすく 対策も実行しやすいですし、肝心の行政書士試験の日になっても、問題が解きやすい科目になるはずです。